両手の上に浮かぶハート

オーガズム不全の原因

本の上に置かれたルーペ

女性の性機能障害としてオーガズム障害があります。この症状は、目に見える症状でも無く不妊にも直接的な影響はあまり無いので軽視されてしまうこともあるのです。またオーガズムには個人差もあるので、それを経験している・していないというのは個人的な見解である部分もあります。

つまりオーガズムを経験していると思っていても実際には、違うといったこともあるぐらいなのです。女性がオーガズムを経験するときには、男女ともに言える幸福感にもつながると言われています。不妊に影響はなくても、夫や恋人というパートナーとの大切なコミュニケーションでもあるので、セックスをするなら女性も満足感とともに幸福感をより得たいものです。

その感覚を鈍くしてしまうオーガズム障害の原因として、原発性・状況性・二次性などの細かいオーガズム障害に分類されます。原発性は、性経験があってもこれまでに一度もオーガズムを経験したことが無いことを指します。これには経験不足や性への抵抗・トラウマなどが関係しているのです。

状況性は、相手や状況が変わることでオーガズムを迎えられないことを指します。これには1人ではいけるがセックスではいけない・今の彼ではいけない・明るいといけないなどの場面が起こり得ます。

二次性は、出産後や精子不順になってからいけなくなった・性病を完治させた後や何らかの病気やケガが治ったと思ったらいけなくなった、などの症状を指します。また精神的にも身体的にも問題が無いが、感じることが無いという原因不明原発性のオーガズム障害もあります。

これらの症状で悩む場合に、ラブスマを利用することで女性は感度がアップし、濡れやすくなることでオーガズムを迎えやすくなるのです。たった1度の服用でいくことができなくても、血行促進作用があり繰り返し利用することで感度が増す効果も期待できます。