両手の上に浮かぶハート

実は多いオーガズム不全

うつむく女性の後ろ姿

セックスをしたことがある女性のなかで、実はオーガズムを経験したことが無い・お何―ではイケるのにセックスではいけない・オーガズムを感じるようになるのに時間がかかる・相手や状況によっていけなかったりする・あるきっかけでいけなくなった、などさまざまなオーガズム障害があります。

全てが女性の身体的もしくは精神的な原因ではなく、男性との相性などによっても似たような症状が起こる場合もあります。しかし同じようにいけないことが良くある、等と言った場合には、オーガズム障害の一種の可能性があります。

これまでいったことが無い女性は、経験や知識不足の可能性があるのでオナニーをするなどしていく練習をすることも大切です。女性だからそんなことは恥ずかしいと思う必要はありません。

いけるようになれば、セックスをすることでより満足感とともに幸福感を得ることにもつながるのです。状況や相手でいけないことがある場合には、体位やイキ癖なども関係してくるといいます。女性が感じる場所、特にGスポットなどは人それぞれです。

またオナニーであったり、特定の体位でのイキ癖がつくことで、それ以外ではいけなくなることもあるようです。そのためパートナーとのセックスかつ他の体位でも感じるように繰り返しおこなうことでオーガズムを感じやすくなります。

ただ女性のオーガズム障害も、男性のED同様に血行不良や性的興奮を阻害する作用が体内で働いている場合もあります。その作用をなくして、オーガズム障害を改善しやすいようにラブスマ通販を利用することがおすすめです。

ラブスマを服用すると、膣周辺の血行が促進されて感じやすくなると同時に濡れやすくなると言われています。その作用によって、いつもより感度がアップしていきやすい状態に導くことができるのです。ラブスマ通販は、オーガズム障害を改善するサポート役をしてくれます。